役立つ便秘解消の方法

効き目だけではなく、味と香りまでこだわったデトックスティー。

コトハスティーお試し

便秘には種類がある!

良いお通じは、1日バナナ2本分といいます。

 

食べたものが24時間経ってもでないと、腸の中で増えた悪玉を再吸収したりするので、
吹き出物・ニキニとなって肌荒れし、口臭の原因にもなります。

 

また、便秘によって固くなった便が大腸に宿便となって蓄積されていくと、ポリープができやすくなります。
ポリープができるとどうなのかというと、
大腸のポリープは胃のポリープとは大きく違い、大腸ガンになるポリープで、できたら切除しなければならないのです。

 

切除も、大腸内視鏡(大腸ファイバー)で、肛門からカメラを入れて切除するため、入院もします。

 

ということで、やっかいなことになる前に、
便秘にはいくつかのタイプがあるため、自分はどれが近いのかを知り、便秘解消の対策に動いてみましょう。

 

 

センイ不足タイプの便秘

 

好き嫌いが多い人、外食が多い人、野菜が足りていないタイプに多い便秘です。

 

食物繊維は野菜と思われがちですが、野菜以外にも、果物、穀類、豆類、海藻類、芋類、きのこ類、根菜類などで摂取できます。

 

野菜以外で名前をちょっとあげてみるなら
バナナ、リンゴ、玄米、雑穀、納豆、豆腐、大豆類、わかめ、海苔、コンブ、じゃがいも、ゴボウ、さつまいも、レンコン、長芋、きのこ全部、コンニャク・・・などなど

 

 

ガマンタイプの便秘

 

便意を感じても、タイミングが悪かったりして、ついついガマンしてしまう人がなりやすい便秘です。
排便をガマンすると直腸にとどまった便はどんどん水分が吸収されて硬くなって、排便が難しくなり便秘になってしまいます。

 

できれば我慢しないことをオススメします。

 

※便が固くなると、切痔にもなりやすいため、コトハスティーや水分を普段より多めに摂ることを意識してください。

 

腹筋が弱いタイプの便秘

 

運動不足の人や痩せ型の人、女性と高齢者の方に多い便秘です。

 

女性は子供を産むために、生まれながら男性よりも脂肪がある体系となっているため、男性よりも筋肉が弱いのです。
なので、男性よりも女性の方が便秘に悩む人が多いと思います。

 

また、高齢者も筋肉が落ちてくるので、腹筋が弱くなり便秘になりやすくなります。
筋肉が少ない痩せている人も同じことです。

 

ようするに、便秘解消には腹筋が弱い⇒腹筋が強い(筋肉をつける)こと。

 

まずは、ウォーキングなどの激しすぎない有酸素運動がよいです。

 

ただ、筋肉がついている人は便秘になりにくいタイプでもあるので、運動するなら筋肉をつけることも意識するとパーフェクト。
ちなみに、筋肉をつけるには、
ジムに通って、マシン・ダンベルをしたり、自宅で腹筋・背筋を鍛えてもOK。

 

トレーニング後1時間以内に、プロテインを飲むと筋肉がつきやすいです。

 

※筋肉は落とすのは簡単ですが、つけるのは時間とお金がかかるので、落とさないように大切に。

 

環境変化タイプの便秘

 

旅行や転職など生活スタイルの環境の変化などでおこるタイプの便秘です。

 

普段から慢性的にストレスを感じていたり、転職などによって生活スタイルの変化で腸が動きすぎておこり、便が出ても少量のコロコロうんちが特徴。
環境変化については、早く慣れて、ストレスを軽減させることがのぞましいですが、
旅行中に、お腹が張って不快な気分をなくすためには、コトハスティーを旅行や職場で飲むというのも手ですね。

 

 

先天性・病気の便秘

 

腸の形状に異常があったり、腸の病気がある方の便秘。
この場合は、まずはお医者さまに相談されてください。そのうえで、コトハスティーがお役に立てそうか検討することをおススメします。

 

コトハスティーお試しセットコトハスティー楽天

便秘解消の方法

便秘は多くの人の課題テーマといってもいいくらい悩みが多く、便秘解消の方法を探していると思います。

 

もちろん、私もその一人でした。
何をすれば、解消するのかさえわからない人も多いでしょう。
それは、1人1人、便秘の原因が違うので、解消方法もさまざまなわけです。

 

で、私が模索して成功した便秘解消の方法をまとめてみましたので、
コトハスティーを飲みつつ、何かプラスしたいなと思っている人は
この中から、まだ試したことがないものや、できそうだなと思う事があれば参考にしてくださいネ。

 

便秘解消の方法朝、起床したらすぐに、コップ1杯の「水」か「(白湯)ぬるい湯」を飲む。
便秘解消の方法面倒でも朝食を絶対食べる。(サラダ付+汁物付)
便秘解消の方法食後、コーヒーをビッグマグカップで飲む。(アメリカンのように熱湯で薄めてもOK)※このとき読み物を同時に。
雑誌や本などインクの臭いをあえて嗅ぐ。また、リラックスしてネット閲覧しながらコーヒーを飲むのも効果あり。
便秘解消の方法朝起きてから、3時間以内に、水分合計500ml以上摂取すること。(あくまで理想は水で500ml以上ですが)
便秘解消の方法腹筋トレーニング(背筋も!筋力バランスが大事)
(私は他も鍛えたいので週2〜3回マシン筋トレ30分、ランニングマシン30分、クロール10往復、バタ足10往復、水中ウォーク10分)
便秘解消の方法ウォーキング50分(私はジムへ行かない雨の降らない日で週4〜5)
便秘解消の方法野菜・大豆・ヨーグルト・牛乳・きのこ類・海藻類・根菜類・コンニャク・バナナ・リンゴ・プルーンなどの繊維の多いものを積極的に食べる。
便秘解消の方法ご飯を減らすと、便秘になりやすいので、可能なら、炭水化物は朝と昼に食べて、夜はタンパク質と野菜(繊維のあるもの)類にする。

便秘解消の方法グリーンスムージーを飲む。(私は、ダイエットがてら、夕食時に飲みます)
参考レシピ※2人分 小松菜2分の1パック+バナナ1本+レモン1個+カットパイン4個+リンゴ3分の1個+牛乳100cc+水50cc+氷50cc
便秘解消の方法便が出足りない場合には、便座に座ったまま画像のツボ押しをしていると、追加でスッキリでているのでお試しあれ!

便秘解消のツボ

便秘解消の方法それでも!ムリ!という人は、本屋はもちろん、ビデオ屋、100均、スーパー、コンビニ、家具屋、電器屋、雑貨屋、
自分の部屋の本棚前など、物が陳列されているところに、しばらく立って「何かを選ぶ」ようにしてみてください。
どこでもトイレに行きたくなるはずです。
これは圧迫感からくるストレスでトイレに行きたくなるのだそう。お試しあれ!

 

こんなにしてるの?
と思われるかもですが、これだけ気を付けたら、「糖尿予備軍」だった血液検査の数値が夫婦そろって正常値になり、ダイエット効果も発揮して、メタボ、コレステロール値までもが正常で
毎朝スッキリどっさりでるので、自然と機嫌もいい日が多いです。

 

まぁ、まずは「コトハスティー」を飲むことから始めてみてはいかがでしょうか?